スポンサーリンク

浜名湖のクロダイ(チヌ)!ノッコミ期40cmオーバー釣り方と釣れる場所

スポンサーリンク
浜名湖クロダイ(チヌ)釣り方チヌ
浜名湖クロダイ(チヌ)釣り方
この記事は約9分で読めます。
スポンサーリンク

浜名湖で乗っ込み期の大型クロダイ(チヌ)を釣る

浜名湖クロダイ(チヌ)釣り

表浜名湖でクロダイ(チヌ)のノッコミ期が始まるのが2月の厳冬期。非常に寒い中でも地元浜松の方から、名古屋、岐阜、三重の、他県ナンバーの方まで表浜名湖は釣り人たちの熱気でヒートアップします。

みんな狙っているのはノッコミ期の大型のクロダイ(チヌ)です。浜名湖のチヌはよく引くと言われます。

浜名湖の乗っ込み期の黒鯛(チヌ)は40㎝オーバーの良型が揃います!

たしかに堤防のあちこちで5mを超す磯竿が見事に半月の弧を描いてしなっているのを見ると浜名湖のチヌの力強さに納得します。

浜名湖の乗っ込みクロダイ(チヌ)

浜名湖の乗っ込み期のクロダイ(チヌ)は40㎝オーバーを釣りやすい時期!

浜名湖のクロダイ(チヌ)の産卵は2月から4月の頭まで

浜名湖クロダイ(チヌ)

上の画像のチヌは雨の2月の超極寒の中で釣り上げた嬉しい45㎝!浜名湖の舞阪港付近でした。

浜名湖に産卵で入湖してくるチヌは2月から4月の頭まで。ノッコミの時期は数こそ釣れませんがウキが海中に消し込めば40cm台の期待が高まります。

海水の中も夏場とは違い、エサ取りの姿は皆無です。夏場のようにうるさいアジやコッパメジナはいません。時々フグやボラがヒットするくらい。だから本命のあたりに集中することができます。

浜名湖の黒鯛クロダイ乗っ込み期(チヌ)

浜名湖のチヌの乗っ込み期は2月から4月の頭まで!

浜名湖でノッコミのクロダイ(チヌ)を狙うのはウキフカセとウキ団子釣り

浜名湖クロダイ(チヌ)

浜名湖でノッコミ期のチヌを狙う方法は、ウキ団子釣りか、ウキフカセの2つの方法です。個体数が少ないので、前打ちやヘチ釣りで狙うには厳しい時期です。

ウキ団子釣りとウキフカセ釣りのどちらがよく釣れるのか?これは釣り人の好みの差でどちらもよく釣れます。どちらが釣れるかというよりも、乗っ込み期は釣り人の力量が見事に現れる時期と言えるかもしれません。

釣れない人は残念ながら全く釣れない厳しい時期です。堤防に多くの釣り人が並びますが、不思議なくらい同じ人にしかノッコミ期の寒チヌは釣れません。残念ながら筆者も指を加えて眺めている方です(笑)

乗っ込みのクロダイ(チヌ)を狙う釣り方

浜名湖でクロダイ(チヌ)を狙うならウキダンゴとウキふかせがおススメ

ウキダンゴ釣りとウキふかせ釣りは好みで

筆者はウキ団子釣り派で団子が割れたあとの長い棒浮きが消し込む一瞬の虜になってしまいました。

風がない日に水面に静かに立つ棒浮きが僅かに消し込みピクピクと生命反応を示す。じっとこらえて待っていると本あたりで一気に棒浮きのトップが水面に吸い込まれていく。

長い棒ウキが吸い込まれて消える「緊張の一瞬」がたまらなく好きです。

ノッコミ期で食い気のたった大型のチヌは反転してエサを裏い取るハッキリとしたあたりが出ることが多く、見事にウキが消し込みます。

浜名湖でクロダイ(チヌ)を釣るウキ

視認性が良くクロダイ(チヌ)の反応が良く分かる棒ウキがおススメ

浜名湖のウキ団子釣りとは

うき団子釣りとは別名「紀州団子釣り」と呼ばれる三重県発性のチヌを釣る方法です。

集魚剤で作った団子の中に、付けエサをハリごと埋め込みポイントへと投げ入れます。団子に守られた付け餌はエサ取りの被害に合わずにチヌの生息するボトムまで運ばれていきます。

ダンゴが割れてクロダイ(チヌ)が付けエサに飛びつく

団子が割れると付けエサが飛び出し、集魚剤の団子に寄り付いた、魚に強烈なアピールをします。夏場なら団子が割れると同時にあたりが出ます。チヌかどうかは定かではありません。

団子が割れてから早すぎるあたりはチヌではないことが多いです。型の良いチヌは団子に群がる小魚を蹴散らして付けエサを捕食します。

集魚剤でチヌの捕食スイッチをオンにすることが出来れば、団子を打ち返していれば必ずチヌが食いついてきます。

浜名湖のクロダイ(チヌ)の釣り方

ウキダンゴ釣りはクロダイ(チヌ)を釣るのに非常に適している

ノッコミ期のチヌは荒食い期

浜名湖クロダイ(チヌ)釣り

ノッコミ期のチヌは産卵に向けて体力を付けるために荒食いをする時期があります。産卵後も体力を回復するさせるための荒食いがあります。

荒食い時期にあたったチヌは捕食スイッチが常時オンの確率変動中のチャンスゾーンにいます。

浜名湖のチヌの釣り方

乗っ込み期のクロダイ(チヌ)「荒食い」ゾーンに入ってる可能性が高い

浜名湖の団子釣りは潮の流れとの戦い

浜名湖クロダイ(チヌ)釣り
浜名湖クロダイ(チヌ)釣り

浜名湖のうき団子釣りでチヌを狙う最大の敵は潮の流れです。潮の流れは豊富なプランクトンを運び込み豊かな生態環境を作り出す源泉なので悪いことではないのですが・・・

浜名湖の潮の流れは早すぎです。激流で渓流釣りしているみたい。

一日の間でも潮が早すぎて釣りにならない時間があります。

浜名湖でクロダイ(チヌ)を釣るには潮が大切

大潮周りは「今切れ口や網干場前の表浜名湖」では釣りにならない場合が多いです。ウキ団子釣りでチヌを狙う場合は団子が割れる前にウキが流れてしまい、チヌ釣りのプロセスが成立しません。

特に浜名湖では「下げ潮」がきつく凄い激流になります。下げ潮でポイントに入っても恐らく思い描いたようなクロダイ(チヌ)の釣りは成立しません。

浜名湖のうき団子釣りは

  • 上げ潮から潮止まりやを狙う
  • 下げ潮は潮流が速すぎる
  • 団子が早く割れるように調整する
浜名湖のクロダイ(チヌ)釣りは潮

浜名湖でクロダイ(チヌ)を釣るなら上げ潮から潮止まりを釣るのがおすすめ

うき団子釣りは棒浮きが楽しい

チヌのうき団子釣りで使うとするウキは大きく分けて3種類あります。

  • 自律型の棒ウキ
  • どんぐりウキ
  • 寝ウキ

の3種類です。それぞれにメリットとデメリットがあるのですが、筆者は棒ウキの信奉者で棒ウキしか使いません。

棒ウキが消し込む瞬間とあわせを入れたときのズッシリと重い感触こそがウキ団子の醍醐味だと思っているからです。

クロダイ(チヌ)初心者は寝ウキが釣りやすい

浜名湖クロダイ(チヌ)釣り
浜名湖クロダイ(チヌ)釣り

クロダイ(チヌ)を釣るには底を意識しないと絶対に釣れません。付けエサがクロダイ(チヌ)が生息する海底から離れないようにするのです。付けエサが海底に這う位の長さに調整することを「タナ合わせ」と言います。

ウキダンゴ釣りの釣果はタナ合わせに左右されるといっても過言ではありません。タナ合わせが結構難しい。ウキから付けエサまでの距離が水深とピッタリをがトントン。水深よりもウキ下を長くすることを「這わせ」と呼びます。基本的にウキ下は這わせの状態で潮に乗せて流していきます。

ウキふかせ釣りの場合は上からコマセを撒いて「クロダイ(チヌ)を浮かせて釣る」という考えも出来ます。

寝ウキならタナ合わせが必要ない

クロダイ(チヌ)を釣るのに必ず意識するタナ合わせ。寝ウキを使えばタナを合わせる必要がなく常に付けエサは海底付近に漂います。

何故かと言えば寝ウキはウキ止めを使わないからです。寝ウキを遊動スイベルに固定しウキ止めを使わずに完全にフリーにします。完全フリーでも水面を這ってくる道糸が、寝ウキを付けた遊動スイベルで直角に近い形で海中に向かって曲がります。

曲がった道糸の摩擦でウキが止まりクロダイ(チヌ)のあたりをウキ止めがなくても視認することが出来ます。付けエサはダンゴで海底まで沈められるので、団子が割れても常に海底付近を漂っています。

浜名湖の激流はタナ合わせが難しい

浜名湖の激流ではタナ合わせが本当に難しいです。ダンゴが割れる前にウキだけが流れてしまいウキとダンゴが綱引き状態で斜めにウキがシモってしまうのです。ウキがシモルのを回避すべく、実際のタナより1ヒロ2ヒロと常に深くする必要があります。

ウキがシモったままだとダンゴが割れた後に付けエサが飛び出してそこから離れてしまいクロダイ(チヌ)が喰ってくれません。

寝ウキならウキだけが流れても、ウキ止めが付いていないので勝手にタナを自己修復する能力があります。タナ取りが上手くできない潮周りの時は寝ウキを使うとクロダイ(チヌ)に巡り合えるチャンスが増えます。

浜名湖のクロダイ(チヌ)は寝ウキ

潮周りによっては寝ウキを使うとクロダイ(チヌ)が釣りやすい

チヌが釣れる表浜名湖のポイント

浜名湖クロダイ(チヌ)釣り
浜名湖クロダイ(チヌ)釣り

表浜名湖でチヌが釣れるポイントを紹介します。

新居海釣り公園

海釣り公園は誰もが知っているメジャーなポイント。駐車場もトイレも手洗い場も完備されているので、色々なことに気を取られずに集中して釣りができます。

狙い目は満潮の潮止まり付近

海釣り公園の堤防からチヌを狙うなら5番がオススメ。遠州灘から入ってきた水が最初にぶち当たるのが海釣り公園の堤防。

潮あたりは良すぎるくらいに良いです。初心者の方は流れが早すぎて仕掛けが絡んだりラインメンディングが出来ずに苦しむかもしれません。

ウキフカセももちろんできます。新居海釣り公園から今切れ口に向かって歩いていくと、通称「大曲り」と呼ばれるカーブがあります。そこに沈みテトラや古い護岸が崩れたコンクリートやパイルが沈んでいます。

そこにクロダイやメジナやカサゴが付いています。大きなカーブが程よく潮流を殺してコマセがたまりやすい状態になっています。釣り竿が出せるポイントが限られているのでハイシーズンは入れないこともあります。

網干場

網干場は表浜名湖でノッコミのチヌを狙うメジャーポイント!ハイシーズンになるとがまかつ、シマノ、ダイワ、マルキュー、と言ったメーカーのテスターベストを着た釣り人も多く訪れるので非常に参考になります。ウキ団子とフカセ釣りは7対3位でウキフカセの釣り人のほうが多いです。

上げ潮から満潮を狙う

網干場も潮の流れが、とにかく早いので狙いは上げ潮から満潮にかけて。下げ始めると釣りになりません。網干場から今切れ口方面へ歩いていくと(網干場側の今切れ口が舞阪堤、新居海釣り公園側が新居堤)今切れ口の舞阪堤につながっています。今切れ口の舞阪堤の手前に古いパイルが埋め込まれた場所があります。その付近は潮の流れが複雑になり反転流が生まれやすくコマセやダンゴが溜まりやすいです。反転流を狙えば下げ潮でもウキふかせを楽しむことが出来ます。パイル付近はクロダイ(チヌ)だけではなく35㎝オーバーのグレ(メジナ)が釣れることがあります。同じサイズのクロダイ(チヌ)とグレ(メジナ)ならグレの方が力強いファイトが楽しめます。

心霊体験談や怖い話の感想をシェアしよう

  1. チヌ釣りたい より:

    浜名湖行きたい!浜名湖のすぐ近くに住んでいる友達いるけど釣りはやらない。あんなに良い環境にいるのに釣りやランとかマジで信じられん。浜名湖まで車で1時間係る。明日仕事じゃなかったら今から浜名湖行くのになー残念だ