スポンサーリンク
スポンサーリンク

意味が分かると怖い話のまとめ!【解説付き】短編の怖い話でゾクゾク

意味が分かると怖い話 怖い話
意味が分かると怖い話
スポンサーリンク
スポンサーリンク

意味が分かると怖い!ブラックノートってデスノートのパクリ(笑)

スポンサーリンク

ある一冊のノートが天から降ってきた。

バサッと私の目の前にそれは落ちてきたのだ。

「なんだこれ」

ノートを拾い上げると1ページ目にこんなことが書かれていた。

【このノートに殺したい人の名前を書きなさい。私が殺してきてあげます】

意味が分かると怖いよりパクると後が怖い(笑)

はぁ???

私はノート空き地に投げ捨てた。

会社にに行くと課長の櫻井がが私を待っていた。

「おい、プレゼンの資料出来たんだろうな」

いつもの嫌がらせだ。

会社の業績は右肩下がりだ。

余剰人員には嫌がらせで自主退社に持ち込みたいのだ。

嫌な上司登場!こいつは殺ってしまえ

「出来ています」

私は鞄の中からA4のファイルを取り出した。

昨夜明け方までかかって作成した資料だ。

櫻井は資料を受け取るとペラペラとページをめくった。

「やり直しだww」

櫻井の手元からファイルが滑り落ちた。

床に落ちたファイルは留め金が外れて中身の紙をまき散らした。

「はい、すいません」

頭を下げる俺に何年この仕事やってるの?と櫻井の言葉が降ってきた。

「チクショー」

私は紙を拾いながらつぶやいた。

意味が怖くなくてもいい母ちゃん見たら泣!

「何かいったか?」

「何も言ってない…です」

「もっと斬新なアイディアで知りゃ卯をつくってこい。明日の朝までだ」

私はファイルを握りしめた。

こんなのただの嫌がらせじゃないか!

私は会社を飛び出していた。

黒い意味怖ノートの登場!ここから怖い話に発展(-_-;)

黒いノート!

黒いノート!

私はは朝投げ捨てた黒いノートを探した。

黒いノートは空き地の草むらの中に落ちていた。

ノートを開く。

ノートには見落としていた一文が書いてあった。

【殺したい人の名前を書け。その代わりお前の寿命は1年縮まる】

私はノートに櫻井とはっきり書いた。

パクリ疑惑!意味が分かると怖い?

会社から走ってきていたので息が上がっていた。

呼吸を整えると自分のやっていることがひどくばからしくなってきた。

会社に戻ろう…

あんな会社でも私にはあそこしか居場所がない。

会社に戻ると何やら騒がしい。

パクると後が怖いぞ( ´艸`)

どうしたのか聞いて私は心臓が止まるほど驚いた。

櫻井課長が死んだらしい。

マジ?マジ?アジ?マジ?本当にマジか!!!!!

突然倒れ呼吸をしていなかったというのだ。

その後はどうやって1日過ごしたのかよく覚えていない。

定時になり会社を出た。

櫻井に天誅だ!マジで怖い黒ノート(;゚Д゚)b

あのノートに書いてあったことは本当なのだ。

ふいに交差点でタイヤのきしむ音がした。はっとして音の方に顔を向けると大型のトレーラーが横滑りして私の方に向かってきた。

トレーラーのタイヤに自分の体が踏みつぶされたときに私は理解した。

私の寿命って1年…

編集長
編集長

働くってやっぱり大変だよな~

肝とは本当によくわかるよ。櫻居氏ねだよね。

死ねって書けないから氏ねにしてるの。僕の言葉の意味わかってね

姫子
姫子

日本の闇というか世界的な社会の闇を浮き彫りにした意味が分かると怖い話ね。

会社ってもともとは社会の公器よ!

っていうか変換で「公器」という言葉がすっごい後にあるんですけど!!

編集長
編集長

公(おおやけ)という言葉の意味をもう少し考え直した方が良いね。

大東亜戦争が終わって欧米の考える「ナショナリズム」が完全に否定された。

それが今現在も脈々と生きずいている。

姫子
姫子

欧米の考えるナショナリズムと2千年以上の歴史の中で

コメント

  1. 匿名 より:

    14階に住んでるのに、16階のボタンを押して、8回14階に止まったのか?

タイトルとURLをコピーしました