スポンサーリンク
スポンサーリンク

イエティはヒマラヤの雪男?正体や特徴やネパールの伝承を調査

イエティ 妖怪
イエティ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

イエティーはネパールやヒマラヤの雪男のUMA

イエティ

イエティとは世界で最も高い「ヒマヤラ山脈」に生息すると言われる未確認生物UMAです。

世界の屋根「ヒマラヤ」。

ネパールに住む山岳民族のシェルパ族には古くからイエティの伝承が残っています。

岩を意味する”Yah”と動物を意味する”Teh”が語源となってイエティという言葉が出来たそうです。

「岩の動物」とは一体どんな風体をしていたのでしょうか?

ヒマラヤに生息する雪男伝説!未確認生物のイエティーの正体を検証してみます。

姫子
姫子

イエティってヒマラヤに住んでるんだ。ヒマラヤってエベレストがあるところよね

スポンサーリンク

イエティの足跡を撮影した写真

イエティ足跡画像

上の写真はイエティの足跡だとされる写真です。

撮影したのはインド軍です。

インド軍の公式Twitterにて公開されたイエティの足跡らしき画像。

あなたにはこの足跡を残した生物がなんだと考えますか?

半猿半人の未確認生物イエティが我々の前に残していった存在のカケラだとは思えませんか?

スポンサーリンク

イエティとは?特徴から正体を検証

イエティ

イエティの特徴としてネットの情報を集めてみました。伝聞が多く一次資料がないので都市伝説的な内容です。

  • 二足歩行で立って歩く
  • 全身ケムクジャラ
  • 身長150〜165
  • 耳は小さい
  • 口はデカイが牙はない
  • 顔には毛がない
  • 尻尾はない

二足歩行で歩くというのがイエティーの大きな特徴の一つのようです。

またヒマラヤの高地という厳しい自然環境の中で生息するために、全身が毛でおおわれているそう。

姫子
姫子

未確認生物ってでかくて凶暴なのが多いけど、イエティって身長150㎝くらいって謙虚(#^^#)

スポンサーリンク

イエティは立って歩く未確認生物

「二足歩行で立って歩くんじゃ」

シェルパ族の老人はそう言ったそう。

イエティの足跡と考えられている痕跡は、人間の足跡と比較すると非常に巨大です。

そして犬の足跡のように前足の足跡は発見されていません。

つまりイエティは二足歩行するらしい・・・!

二足歩行がどうしてそんなに重要なのか?

イエティの二足歩行にこだわる理由。

それは地球上で常時二足歩行する大型動物は人間しかいないからです。

イエティが世界から注目されるのはこのためです。

イエティは人間。あるいは人間に限りなく近い生物。

人間に限りなく近いとは進化の過程で淘汰された類人猿のギガントピテクスやネアンデルタール人の生き残りの可能性だってあるのかもしれません。

姫子
姫子

出たな!猿人類の生き残り説。UMAの話になると猿人類や恐竜の生き残り説がよく出てくる。( ̄▽ ̄;)

文乃
文乃

夢があってよろしいんじゃございませんか( ´∀` )

スポンサーリンク

イエティは全身に毛があるUMA

イエティの足跡は標高7700メートルという高知でも発見されています。

標高7700mの状態を表示してみます。

結構な過酷レベルです。

  • 気温ー21度
  • 酸素濃度38%

気温−21度だと裸の人間死にますね。

5分持たないかもしれない。

完全防寒すれば平気だと言われる気温だけれどUMAはヒートテックを持っていない。

あるのは自前の毛だけ。

イエティは顔以外は全身ケムクジャラだといいます。

エベレストで防寒着を着用しない野生で生き抜く進化かもしれません。

姫子
姫子

マイナス21度ってマジで死んじゃう気温よね。しかもヒマラヤって年中防風らしい。

スポンサーリンク

日本からもイエティ捜索隊が派遣されていた!?

信じられないかも知れませんが、日本からもイエティ捜索隊が派遣されています。

捜索隊です!ガチな奴です。

1959年に東京大学医学部の小川鼎三教授を代表とした日本雪男研究グループが結成されます。

日本雪男研究グループは毎日新聞社の資金援助を受け6名の学術探検隊がエベレスト山麓で雪男イエティの捜索をしています。

東京大学の教授です。

権威に負けるわけではありませんがガチな奴です。

文乃
文乃

日本雪男研究グループの代表です。恥ずかしくて名刺出せない( ̄▽ ̄;)

イエティの正体

イエティの正体はには色々な仮設が存在します。

例を上げてみましょう。

  • 猿人類の生き残り
  • 未知なる猿人類
  • ヒグマ説
  • 雪男説

現在のところ「ヒグマ説」が最も常識的な判断だとされています。

イエティの物だとされた体毛や齒や骨の資料を科学的に調査すると、ほとんどがクマと一致してしまうそう。

イエティはヒグマの事だったんた・・・

嫌、そう結論づけるのは早い。

スポンサーリンク

イエティの正体はクマなのか?

なぜならイエティの足跡が発見された場所は標高差7700m。

そんな過酷な場所になぜクマがいるのでしょうか?

シェルパ族の人たちがイエティに特別な畏敬の念を抱いたのはなぜか?

イエティを特別視したのはシェルパ族だけではありません。

ネパールにもブータンやチベットにもイエティを特別視する伝承が存在するのです。

ただクマを見間違えただけで伝承が生まれ受け継がれていくのでしょうか?

答えはNO!

イエティは未確認生物でUMAだと現地の少数不足の人々が残した伝承が訴えかけてきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました