スポンサーリンク
スポンサーリンク

小田急線無差別殺傷事件とは?中央大の容疑者と持ち込まれたサラダ油の謎

小田急殺傷事件社会問題
小田急殺傷事件
スポンサーリンク
スポンサーリンク

小田急線無差別殺傷事件とは?【概略】

小田急無差別殺傷事件とは何なのか?

2021年8月6日の小田急鉄道小田急線の電車内で発生した無差別的な傷害事件

犯行に及んだのは36歳の男。

電車に乗り合わせた10名以上が重軽傷を負った。

さらに電車内でサラダ油をき、大量殺人目的の放火も狙った。

幸いにも火災に至らなかった。

小田急線無差別殺傷事件の【犯人と人物】中央大中退

小田急線の無差別殺傷事件の犯人は36歳の男と報道された。

その後実名が明らかになる。

逮捕されたのは対馬悠介容疑者

調査の中で対馬容疑者は中央大学理工学部に進学したエリートコースの人間だとわかる。

中央大学理工学部の偏差値は55~60で、超エリートではないけれど間違いなくエリート。

ワイドショーではエリートの「転落人生」などという見出しが躍った。

小田急線無差別殺傷事件!対馬容疑者の【動機】

小田急線で凶行に臨んだ対馬容疑者。

高校は都立の有名な進学校。大学は中央大学理工学部に見事に合格。

「周りと馴染めない人に積極的に声を掛けられる人だった」

大学時代の対馬容疑者を知る人物はそう語る。

おそらく積極的で優しい側面を持った人物だったのだろう。

しかし対馬容疑者は大学を卒業してはいない。

サークルの関係の女性にプライドを傷つけられるようなことがあったらしい。

そして大学を中退してしまった。

この事件が対馬容疑者に大きな影を落とす一因になったと考えられている。

小田急線で無差別傷害事件を起こした対馬容疑者の【証言】

小田急事件

「逃げ場のない電車内なら大量に人をやれると思った」

「勝ち組の女性やカップルを標的にした」

対馬容疑者の証言によれば、ターゲットは女性で「勝ち組の女」に執着しているのが分かる。

小田急線の車内で最初に牛刀で切りつけたのも女子大生だった。

大学時代の女性関係のトラブルが36歳になっても克服できないトラウマになっていたのかもしれない。

大量殺人は5~6年前から考ええていた

対馬容疑者の犯行は場当たり的で計画性が無いようにも見える。

しかし同時に5~6年前から犯行を考えていたとも証言している。

「幸せそうな人が歩いているから、渋谷スクランブル交差点を爆破しようと思った」

幸せそうな人に対するネガティブな感情。

中央大に入学するまでは彼は幸せだったのだろう。

どこかで躓き転落する人生。

彼は自分の人生を幸せと感じられていなかったはずだ。

小田急線を狙ったわけではなかった!事件の原因は【万引き】

小田急事件

対馬容疑者は小田急線で殺傷事件を引き起こす同日に、スーパーで万引きをして逮捕されていることが分かっている。

対馬容疑者の万引きを通報したのがスーパーの女性店員だった。

店員の女性への逆恨み。

対馬容疑者は小田急線の事件の前に、スーパーに立ち寄っている。

実は対馬容疑者の頭の中には「小田急線」は無かったのだ。

万引きを通報したスーパーの女性店員へ逆恨みを覚え「復讐」の為に家を出たのだ。

ところがスーパーは閉店していた。

そこから対馬容疑者の足は小田急電鉄へと向かったのだ。

小田急電鉄でサラダ油を撒く【大量殺人】

対馬容疑者は殺傷の道具として牛刀を用意していた。

そして大量殺人の為に用意したのがサラダ油だった。

電車内でサラダ油に火をつけて多くの人間を焼き殺す計画だったらしい。

しかしサラダ油に火は付くことがなくこの計画は未遂に終わった。

もし本当にサラダ油に火がついてしまったら悪夢だった。

私たちの記憶に深く焼き付いている京都アニメーションの悲劇が再来するところだったのだ。

ここで疑問が残る。

常温のサラダ油に火は付くのだろうか?

サラダ油で放火はムリ⁉引火点は300度~320度

対馬容疑者は用意したサラダ油を車内に撒き、引火させて放火を企んだ。

しかし常温のサラダ油は引火するものだろうか?

日清オイリオのお客様相談室にはこう書かれていた。

  • 油の引火点:300~320℃
  • 油の発火点:370~400℃
  • 引火点:火を近づければ燃え出す温度
  • 発火点:油自体が燃え出す温度

つまりサラダ油に火をつけるには300度以上の高温にしなければ不可能ということだ。

対馬容疑者の持ち込んだサラダ油が高温だったという報道はない。

アパートでボヤ騒ぎ!原因はサラダ油だった?

小田急線で傷害事件が発生する5日前には対馬容疑者のアパートでボヤ騒ぎが起こっている。

アパートの窓から白い煙が出ているのを見つけた近隣の住民が通報したのだ。

「大丈夫ですからもう帰ってください」

対馬容疑者は駆け付けた消防にそう語ったらしい。

上半身は裸で髪も髭もぼうぼうだったそうだ。

そして消防は近隣住民に対し「サラダ油を火に掛け過ぎて焦がしたそうだ」と説明したという。

小田急事件のまとめ

  • 犯人は対馬悠介容疑者
  • 中央大理工学部入学
  • 10人以上が重軽傷
  • サラダ油で放火し治療殺人を狙う
  • 事件当日に万引きで捕まっていた

コメント