スポンサーリンク
スポンサーリンク

意味が分かると怖い話のまとめ!【解説付き】短編の怖い話でゾクゾク

意味が分かると怖い話 怖い話
意味が分かると怖い話
スポンサーリンク
スポンサーリンク

意味が分かると怖い話NO13「箱の中の賞金」ゲームに込められた怖い話

スポンサーリンク

意味が分かると怖い話NO13

箱を壊すゲームで命がけの怖い話

意味が分かると怖い話のゲームの画像

意味が分かると怖い話にゲーム系ってよくあるな

年老いた老人が市場の隅に座っていた。

ボロ布を頭からかぶった小汚い爺さんだ。

「そこのお主わしとゲームをしないか?」

老人はそう言って私を引き留めた。

座った老人の前には箱が置いてある。

小汚い老人にしては箱だけはやけにピカピカしていた。

海賊が宝物を入れていそうな丈夫な奴だ。

「この箱の中に賞金が入っている。取り出すことが出来ればあんたに賞金は全て上げよう」

シチュエーションがRPG(笑)

箱の横には特大のハンマーが置かれている。

「これを使ってもいいのか?」

「もちろん使っていいとも」

「壊してもいいてことかい?」

「もちろんだ。しかし箱はものすごく硬い素材で出来ている。簡単には壊せんぞ」

老人はにこやかな笑顔でそういった。

顔は笑っているが目の奥は笑っていない気がする。

詐欺のジジーか?

俺から金を騙しおろうって腹だな。

相手は爺さんなんだから騙されてやれよw

「ただし、箱にたどりつくまでにいくつかの難問がある。参加費に1000円払えば特別サービスで賞金の目の前まで移動してゲームをスタートすることもできる」

私は少し考えた。

どうせ詐欺か子供だましだろ!

俺は爺さんを見下ろした。

俺は腕力にはちょっと自信がある。

特大ハンマーで箱を粉々に粉砕するのも一興かもしれないな。

爺さんの困った顔を見るのも暇つぶしにはちょうどいい。

「賞金っていったいいくらなんだ?」

老人は「損はさせんよ」と言って長いひげを指ですいた。

確かに賞金は怖いくらいに凄い額だった!

「まあいい。暇つぶしにやってみよう」

私は老人に1000円を支払った。

「ではゲームを始めるとするか」

老人がそういうと私の目の前に賞金の札束が現れた。

老人は宝箱を抱えるとそそくさと市場を後にした。

スポンサーリンク

意味が分かると怖い話!箱ゲームの解説

編集長
編集長

ゲームに参加した彼は1000円払って宝物の前からゲームを始めた。

「宝物は箱の中にあったはず」

ということは宝物が主人公の前に現れたのか?それとも主人公自らが宝物の前に行ってしまったのか?のどちらかだ。

姫子
姫子

お爺さんは「特別に宝物の前まで移動して」と言っているわ。

主人公さんは宝箱の中に閉じ込められたわね。残念でした。

ゲームオーバー的な感じね。

幽霊
幽霊

最後に老人は箱を抱えてどこかに消えていくわけだけど、いったいどこに行ったんだろうね。老人の行き先が一番気になるし怖いポイントだな

姫子
姫子

宝箱をもってそそくさと消えたって確かに怖いわね(;^ω^)

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    14階に住んでるのに、16階のボタンを押して、8回14階に止まったのか?

タイトルとURLをコピーしました