スポンサーリンク

東京湾にはコンクリートのドラム缶の死体・遺体ってマジである?都市伝説、怖い話を調査

スポンサーリンク
東京湾コンクリ事件怖い話
東京湾は怖い
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

東京湾の海底に眠るコンクリドラム缶を割ってみよ!

「東京湾にドラム缶で沈めるぞゴラア~」

昭和のやくざ映画にはよく出てきたセリフです(笑)

でも本当に東京湾にはコンクリートで固まってしまった可哀そうな遺体や死体って本当にあるのでしょうか?

今回は特別にサルベージ船をチャーターして東京湾の海底を一斉にお掃除!

元東京都知事の石原慎太郎さんがやった「東京浄化作戦」に見習い東京湾浄化作戦を決行したいと思いました。

サルベージ船は予算の関係で却下

東京湾の海底に眠るコンクリドラム缶を引き上げるにはサルベージ船という「巨大なクレーン船」のような専用の船を使います。

深田サルベージ建設という会社の700トンのサルベージ船をレンタルすると一日当たり320万円かかるそうです。

とんでもなく高い!

しかもダイバーに潜ってもらいコンクリートドラム缶にワイヤーを掛けてこなくてはいけない・・・

「東京湾にコンクリに詰めて死体を沈めたら二度と浮かんでこない」

この都市伝説は本当かもしれない・・・

320万出して調査は出来ないですよね・・・

東京湾の都市伝説!死体は何メートルまで沈むの?

東京湾の深さは約70mだそうです。

70mの深さまでダイバーが潜ってドラム缶にワイヤーをかけることが出来るのでしょうか?

「一般のダーバーが潜れる海の深さは30mです。」

なに~!

東京湾の半分までもいかないではないか?

これでは仮にサルベージ船をチャーターしても東京湾の底に沈むドラム缶を調査することが出来ない。

都市伝説の解明が一層困難になってきた・・・(´;ω;`)ウゥゥ

エジプトのダイバーが332mの世界記録

エジプトのダイバーが300mを超える潜水記録をたたき出したらしいです。

東京湾の都市伝説「コンクリートドラム缶」の解明に一条の光が見えてきました。

さらに調べればフリーダイビングで100m以上潜る、人間離れした強者もいることが分かりました。

彼らに頼めば東京湾のコンクリドラム缶調査が進むかもしれないです。

東京湾都市伝説!何本のドラム缶が沈んでいる?

何本のドラム缶が沈んでいて、その中に何体の死体や遺体が入っているのか?

そんなのは調べる方法はありません。

しかし都市伝説では数百本単位で沈んでいるだろうといわれています。

かなり怖い話ですが、人を殺して捜査が始まるのはいつか?

刑事ドラマで主人公の刑事が事件を追い始めるのはいつか?

それは決まって死体が出てきた瞬間です。

何らかの事件に巻き込まれた死体が発見され、事件としての捜査が始まるのです。

東京湾都市伝説!死体がでなけりゃ捜査しない?

逆説的にいえば死体が出なければ捜査は始まらないとも言えます。

東京湾にドラム缶で沈められた死体や遺体は口がないので助けを予備うことが出来ないです。

言いたかないですけど・・・

東京湾に沈めたもん勝ち!

遺体がなければ捜査もされない。

って感じなのかもしれません。

大阪湾都市伝説?大阪湾には沈んでないの?

東京都市伝説
東京湾ドラム缶

「東京湾に沈めるぞこらぁ

というのはよく聞きますが、

アホちゃうか大阪湾に沈めるぞ」

というのはあまり耳にした記憶がありません。

「大阪湾は綺麗な所なんだ~( ´艸`)」

大阪の裏街道に詳しい方にそういったら「あほか~!」ってどつかれます。

大阪湾は東京湾に引けを取らない非常に危険な海なのです。

大阪湾恐怖都市伝説!手間をかけずにトランクで

東京湾ドラム缶事件

江戸っ子はせっかちというのは今回の都市伝説ではちょっと違うみたいです。

大阪人の方が非常にせっかちで、始末の仕方が大胆で大雑把でせっかちです。

「盗難車のトランクに詰めて岸壁からドボンや」

大阪湾ではコンクリドラム缶なんて手間をかけずに、車を盗んできてトランクに始末したい人を詰め込んで沈めちゃうらしいです。

大阪湾の再開発ではかなりの盗難車が沈んだとういうブラックな都市伝説があります。

心霊体験談や怖い話の感想をシェアしよう