スポンサーリンク
スポンサーリンク

アンパンマンの衝撃最終回!カビが生えたアンパンマンが永眠する最終回が存在する?

アンパンマン最終回 アニメの都市伝説
アンパンマン最終回
スポンサーリンク
スポンサーリンク

アンパンマンの衝撃最終回をまとめ

国民的大スターのアンパンマン。

小さな子供達って何故だかアンパンマンを見るとはしゃぎだす。喜びだす。

ほんの小さな子供も舌ったらずな口調で「あんぱんまん」とよびからやなせたかし先生の魔法には完全脱帽で敬意を表します。

ところであんっパンマンお最終回がどうなるのか気になりませんか?

今回はちょっとヤバイ感じの「アンパンマン最終回」を集めてみたので紹介します。

アンパンマン最終回①カビが生えて永眠する⁉

アンパンマン最終回

都市伝説によればアンパンマンの最終回にとんでもないものが存在するらしい。

カビが生えてアンパンマンが死に天使になったジャムおじさんがっ迎えに来るというのだが・・・

さっそく小説風に仕立てたので楽しんでみてください。

アンパンマンの最終回!迎えに来た黒い影

パン工場のジャムおじさんが病に倒れた。

必死な看病も虚しくジャムおじさんは帰らぬ人となってしまった。

嘆き悲しむアンパンマン。そしてバタコさん。

チーズは珍しく遠吠えを上げた。

「これで僕もお別れだ」

アンパンマンはそう言った。

ジャムおじさんの死。それはアンパンマンの死でもあるのだ。

ジャムおじさんの死はアンパンマンの死でもあった

だってアンパンマンの顔は、ホカホカで焼き立ての優しいアンコがいっぱい詰まったアンパンで出来ているのだから。

アンパンを作るジャムおじさんがいなくなったら、もうおしまいさ。

一週間後、アンパンマンの顔に少しずつカビが生えてきた。

「大丈夫よアンパンマン。あなたは正義の味方なんだから」

みんなはそう励ましてくれた。

毎日沢山の友達がパン工場にお見舞いに来てくれた。

「幸せだった。本当に幸せだった」

アンパンマンはみんなの前では笑っていた。

けれどアンパンマンはわかっていた。

カビが生えたパンにどんな未来が待っているのか。

スポンサーリンク

アンパンマンの顔が崩れホラー化する

アンパンマン最終回

やがてアンパンマンの顔は崩れ始め、鼻が取れ、目は只の穴になってしまった。

アンパンマンはパン工場で眠っている。

毎日お見舞いに来たくれた友達も誰も来なくなった。

「アンパンマン気持ち悪い。お化けみたい」

パン工場を覗き込んで逃げていく友達がいた。

最後までバタコさんとチーズは残っていたけれど、腐ったような匂いが発生してからは二人も居なくなった。

アンパンマンは暗いパン工場に一人きり。

もう誰の声もしない。

僕は幸せだった。

アンパンマンはそう言いたくて口を動かしたらカビが落ちただけだった。

その時かすかにアンパンマンの耳に誰かの声が聞こえた。

「アンパンマン・・・アンパンマン」

それは懐かしいジャムおじさんの声に聞こえた。

「ジャムおじさん。迎えに来たくれたんだね」

「そうだよ。アンパンマン」

アンパンマンは最後の気力を振り絞り目を開けた。

そこには黒い人影があった。

最終回の衝撃展開!枕元に立ったのはバイキンマン⁉

「はーひーふーへーほー!やいアンパンマン俺様はバイキンマンだ」

黒い人影はバイキンマンだった。

「カビが生えたくらいで、パンが死ぬな。俺様はいつだってカビだらけだ。カビが悪魔のパワーを生むのだ!」

バイキンマンは拳をグリグリ振り回し、「あらよっと」ポケットから緑色の液体の入った注射器を取り出した。

それをアンパンマンの腕にめがけで駐車する。

「何をする!やめるんだ・・・バイキンマン」

アンパンマンは力がなくバイキンマンから逃げることが出来ない。

プスッとアンパンマンの腕に針が刺さった。

注射器から緑色の液体がアンパンマンの体にどんどん流れ込んでくる。

「この緑の液体こそ、天才バイキンマンが作ったバイキンマンエキスだ。この注射をすれば誰でもカビが好きになり、カビが生きるパワーになるのさ。はひふへほ〜」

バイキンマンはそう叫ぶと、何処かに消えてしまった。

アンパンマンは体中を駆け巡る緑の液体が熱くなっていくのを感じていた。

心臓が高鳴る。

胸が苦しい。

頭の中がどくどくと脈打つ。

うわ〜!叫び声を上げてアンパンマンは飛び起きた。

体中に力がみなぎっている。こんなのは初めてだった。

ジャムおじさんが作ってくれたアンパンとは全く違った力。

何だか悪さをしたくてしたくてしょうがない。

アンパンマンはカビパンマンとして生まれ変わった。

そしてバイキンマンを兄貴と呼ぶようになった。

スポンサーリンク

アンパンマンの最終回②「アンパンマンと飛ぶ木馬」

アンパンマン最終回

アンパンマンの第48話のお話が「アンパンマンととぶ木馬」です。

この48話でアンパンマンは終わりになる予定でした。

アニメの2クールで48話がピッタリ最終回という算段でした。

だから物語の内容も最終回らしいホロリとするものです。

アンパンマンの幻の最終回「アンパンマンととぶ木馬」のストーリー

スポンサーリンク

街のカーニバルでメリーゴーランドがやってきました。

どうしてもメリーゴーランドに乗りたいバイキンマンは子供に変装して順番に割りい込みます。

「俺様も、メリーゴーランド乗りた~い」

さっそく木馬にまたがったバイキンマン。しかし洋服の舌から尻尾がチラチラ。

それを見つけたチーズが「ガブッ」

バイキンマンに気が付きみんなが逃げて行ってしまいました。

「ちぇっ誰もいなくなっちまった…。オレ様ただ…メリーゴーランドに乗りたかったんだ!」

そこでバイキンマンは自分でメリーゴーランドを作ってしまいます。

この天才ぶりをもっと良い事に使えばいいのに。あはははは

出来上がったメリーゴーランドに乗り込もうとしたら

「私が乗る~」

横からズルして入ってきたのがお転婆娘のドキンちゃん。

そして調子に乗ったドキンちゃんが手綱を壊してしまい木馬が暴走!

バイキンマンが追いかけたけど追いつかない。悲鳴で駆け付けたアンパンマンも追いつけない。

そのうちバイキンマンのUFOは壁にぶつかり大破。アンパンマンは的に落ちてずぶ濡れ。

バタバタの展開です。

ところが最終回だと言われる48話はココからが違う。

ドキンちゃんを助けるためにバイキンマンが向かった先がパン工場。

「アンパンマンを蘇らせないとドキンちゃんが助けられない」

バイキンマンが新しいアンパンマンの顔を持って助けに行くのです。

アンパンマン最終回

永遠のライバルがついに手を結んだ瞬間です。

新しい顔になったアンパンマンがドキンちゃんを助けるのは一瞬。

「オレ様とお前はず~っとず~っと敵同士なんだからな!」

最後のず~っとにバイキンマンの照れ隠しのような友情が見え隠れするのは考えすぎでしょうか?

最終回らしい感動的な絞め方ですよね。

アンパンマン最終回

コメント

タイトルとURLをコピーしました