スポンサーリンク

火垂るの墓の都市伝説が怖い!節子と清太の死因と遺影やポスターの謎

スポンサーリンク
火垂るの墓都市伝説アニメの都市伝説
火垂るの墓都市伝説
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

火垂るの墓の都市伝説!節子の死因は栄養失調ではなかった?

火垂るの墓都市伝説節子死因餓死

火垂るの墓では連合艦隊の海軍士官だった父親を南方の戦場で亡くし、神戸大空襲で母親を失った清太と節子。その幼い兄妹の貧しさが強調されています。

両親を亡くし親戚の家に身を寄せる兄と妹

しかし親戚の家では叔母に辛く当たられご飯さえまともに食べられない有様です。

そんな生活に嫌気をさし清太はついに家出を決行!

二人だけの生活を決意し防空壕のような洞穴で暮らしを始めます。

清太には兄弟二人の防空壕生活に幼い夢を見ていた

清太は妹との二人だけの暮らしにささやかな夢を見ていたのでしょう。

子供が秘密基地を作っておやつを持ち込んだら一生ここで生活できるように錯覚するような(笑)

雨も降るし、蚊もでるし、当然の中だって空くのに。

やっぱり二人は食べるものを用意できなかった。

そして節子は短く悲しい人生の幕切れを暗い洞穴で迎えてしまうのです。

妹を助けようと卵とお米でお粥を作った清太。

節子のために作った最後のお粥は節子の口に入ることは無く、お粥の匂いに包まれながら目を瞑り逝ってしまいました。

なんて悲しいんだ!日本中が涙した瞬間です。

しかしサイコパスの都市伝説では節子の死因は栄養失調ではなかった噂されています。

スポンサーリンク

火垂るの墓都市伝説!節子が栄養失調じゃないってマジか⁉

節子の死因に関する都市伝説は栄養失調の他に2つあります!

1.空襲の後の雨に有害物質説
2.背中の汗もが悪化説

.節子の死因が餓死ではなくなってしまったら火垂るの墓の根底のテーマがずれまくっちゃう感じがするんですけど(笑)

だけど詳しく絵を見ていくと確かに納得できるというか不自然な描写があるのも確かです。

火垂るの墓都市伝説!節子の死因は空襲の雨に有害物質説

神戸の空襲の後に雨が降っています。

この雨が節子の死因と重要な関係を持っています。

空襲の後に雨が降る様子は本編でもサラッと書かれているのですが、節子はやけに目を気にしています。

雨が目に入ったようですが、しきりに目を擦っているのです。

節子が目をこすった理由は何なのか?

市伝説では有害物質が空中に巻き上げられていたのでは!と言われています。

スポンサーリンク

節子の死因を高畑勲が猛烈アピール⁉

火垂るの墓都市伝説節子死因餓死

運悪く節子は空爆で飛び散った毒物を含んだ雨を目に受けてしまったのです。

そして死に至った・・・

なぜそんな都市伝説が生まれたのか?

それは火垂るの墓がアニメだからにほかありません。

監督の高畑勲はアニメーターに「節子が目を擦る絵にしてほしい!」と依頼しているのです。

火垂るの墓都市伝説節子死因餓死

だから節子は何度も何度も目をこすっています。

高畑勲がアニメーターに目をこすって!目をこすって!と注文しまくったのです。

そこには何らかの糸が隠されていて、答えを導き出す伏線だったのではないでしょうか?

スポンサーリンク

節子の背中の汗疹が悪化したから死んでしまった説

汗もが悪化して死ぬのか?

汗疹だって重症化すれば炎症をおこし死亡する可能性はあります。

清太と節子の暮らしていた「穴」の衛生環境を考えれば汗疹死亡説もまんざらではない感じがします。

節子の汗疹を気にして海に連れていく清太の優しさも描かれていました。

海に連れて行った清太の優しさも高畑勲の伏線だったのかもしれません。

火垂るの墓都市伝説!節子が餓死したのは清太がポンコツだから

火垂るの墓都市伝説節子死因餓死

清太がポンコツだったから節子を死なせたようなもんだ!

清太が節子を死なせた説も都市伝説では有力。

だっておばさんの家は居心地が悪かった。でもおばさんお家にいれば餓死することはなかったはず。

現代的な表現をすれば清太はコムショでボッチな人間だったのかもしれません。

戦争が幼い兄妹を殺したのだと言う意見もあります。

だけど火垂るの墓の物語の一番最初に、節子が死んでしまい三ノ宮駅で、動けず横たわっている清太におにぎりをくれた人がいました。

物も食べ物も不足していた時代でも、なんの見返りもなくおにぎりをくれる人がいる!高畑勲は最初にそれを表現していました。

戦時中は確かに生き難い時代でした。

しかし手を差し伸べれば、何かを与えてくれる人はいたのです。

やっぱり節子を餓死させたのは都市伝説の通りに清太のせいかもしれないな・・・

スポンサーリンク

火垂るの墓都市伝説!
節子の死因は餓死じゃなかった可能性が高い

心霊体験談や怖い話の感想をシェアしよう